このページの本文へ移動
那須野が原博物館
Loading
サイトマップ

付属施設Attached Facility

日新の館

日新の館は、奥州道中を中心とする鍋掛地区の歴史や、那須塩原市ゆかりの美術作品などを展示している学習施設です。

美術

江戸時代に活躍した杉渡土(現那須塩原市越堀)出身の画家「高久靄厓」の作品を紹介する企画展や、那須野が原博物館所蔵作品展など、年間5回程度の展示を開催しています。

歴史

奥州道中の宿場として栄えた「鍋掛宿」と「越堀宿」を模型で展示し、その歴史を紹介しています。

企画展示室

平成28年度催し物カレンダー

平成28年度催し物カレンダー

◆企画展◆

「靄厓-生誕220年-」
会期:2016年3月18日(金)~5月15日(日)
「描かれた風景-靄厓・北山・悟雲-」
 会期:2016年5月20日(金)~7月24日(日)
「北山のスケッチ」
会期:2016年7月29日(金)~10月2日(日)
「郷土ゆかりの画家-斐・靄厓・隆古-」
会期:2016年10月7日(金)~12月11日(日)
「寿ぎの春-人形と絵と-」
会期:2016年12月16日(金)~2017年3月5日(日)
「日本のお人形」
会期:2017年3月10日(金)~5月14日(日)

◆体験学習◆

草木で染める彩り
8月7日(日)・8月28日(日)・9月11日(日)・9月25日(日)・12月4日(日)
掛軸の取扱いをマスターしよう
4月24日(日)・11月13日(日)
企画展紹介

企画展紹介

「靄厓-生誕220年-」

会期:2016年3月18日(金)~5月15日(日)

高久靄厓は、現在の那須塩原市越堀出身の画家です。はじめ小泉斐に学んだとされ、その後壬生の平出雪耕に学び、やがて関東南画の大家である谷文晁の高弟の一人となり、自他共に認める山水画の名手としてその名を残しました。このたびは、20代の大作《西園雅集図屏風》を久々に展示します。

靄厓-生誕220年-

「描かれた風景-靄厓・北山・悟雲-」

会期:2016年5月20日(金)~7月24日(日)

好きな風景は?と問われて思い浮かぶのは、どのような情景でしょうか。風景は、時代や画家によってさまざまに表現され描かれてきました。今回ご紹介するのは全て水墨で描いた風景画です。作家ごとの違いをお楽しみください。なお、初展示の須藤悟雲は、那須塩原ゆかりの画家です。

描かれた風景-靄厓・北山・悟雲-

「北山のスケッチ」

会期:2016年7月29日(金)~10月2日(日)

画家は、一枚の絵をかくために膨大なスケッチを描いています。構成され完成した絵とは一味違う、自由さや軽やかさ、そして画家の心の動きさえ感じられるような魅力にあふれています。今回の展示では、なつかしい風景が描かれたものも紹介しますので、ぜひご覧ください。

北山のスケッチ

「郷土ゆかりの画家-斐・靄厓・隆古-」

会期:2016年10月7日(金)~12月11日(日)

江戸時代に活躍した郷土ゆかりの画家といえば、高久靄厓ですが、靄厓の師といわれる黒羽の小泉斐が描いた《鷲に鮎図》を2年ぶりに展示します。また、靄厓の死後養子となった高久隆古の作品も展示します。斐・靄厓・隆古の作品を大人から子どもまでお楽しみください。

郷土ゆかりの画家-斐・靄厓・北山-

「寿ぎの春-人形と絵と-」

会期:2016年12月16日(金)~2017年3月5日(日)

日本の四季折々の風情は、世界に誇れるものの一つですが、特に寒いこの時期に待ち遠しいのは春でしょうか。当館所蔵の作品から、一足早く春をイメージする絵画と、吉村深雪コレクションから春にふさわしい子どもの健やかな成長を願う人形などを合わせて展示します。

寿ぎの春-人形と絵と-

「日本のお人形」

会期:2017年3月10日(金)~5月14日(日)

吉村深雪コレクションから、文楽人形や御所人形などの衣装人形を中心に日本のお人形を紹介します。舞台衣装や繊細で豪華な着物をまとった人形は、素朴で愛らしい土人形や張子人形とはまた違った魅力にあふれています。人形の美しさを、ぜひご覧ください。

日本のお人形
体験教室紹介

体験教室紹介

草木で染める彩り

-身近な自然に秘めた魅力に触れてみよう-

対象
子どもから一般まで(小学校低学年は保護者同伴)
定員
各回10名
申込み
日新の館(℡0287-64-1343)

① 藍の生葉で染めてみよう

日時
8月7日(日)午前9時~12時
内容
日新の館で育てた藍草(タデ科の藍)の生葉で絹の布を染めます
費用
1,800円

② 青い柿の渋と藍の生葉で染めてみよう

日時
8月28日(日)午前9時~12時
内容
青い柿の渋と藍の生葉で染めます。この時期だけの体験です。
費用
1,000円

③ 柿渋でリメイク・一貫張に挑戦

日時
9月11日(日)・25日(日)各日午前9時~午後4時
内容
柿渋を使って一貫張をつくります。
費用
1,000円

④ 紅花で染めてみよう

日時
12月4日(日)午前9時~午後4時
内容
紅花で染めます
費用
2,000円

掛軸の取扱いをマスターしよう

-掛軸に直接触れてみましょう-

日時
4月24日(日)、11月13日(日) 各回とも午前10時~12時
内容
掛軸の取り扱い方を学びながら、美術品にふれる喜びを体験します。
費用
無料
対象
一般
定員
各回6名
申込み
日新の館(℡0287-64-1343)
利用案内

利用案内

開館時間
午前10時から午後5時まで
休館日
毎週月曜日・休日・年末年始(12月28日~1月4日)
入館料
無料
住所
〒325-0013 那須塩原市鍋掛531
電話
0287-64-1343
アクセスマップ

アクセスマップ

アクセスマップ